個人事業主や農業従事者の場合

アジアの国の一つ「タイ」では、大渋滞が頻繁に起こっています。その理由に、急激な車の数の増加が挙げられます。しかし、タイでは車の価格が高く、日本で100万円前後で買える車がタイでは200万円以上で売られています。しかも、個人事業主や農業従事者など、サラリーマン以外の人は「給与証明」がないため、ローンを組むことが出来ません。それでも、タイで車の数が増加しているのには理由があります。それは、タイの首都バンコク以外の地方では、給与証明がなくてもローンを組むことが出来るからです。給与証明がいらない代わりに保証人を付ける必要がありますが、保証人は親族でもなることが出来る上、たとえ無収入であっても保証人になることが出来ます。そのため、給与証明がいらない地方では個人事業主や農業従事者が親族を保証人に付けて、ローンを組むことで車を購入しているのです。そしてそれが、タイでの急激な車の増加につながっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です