頭金と返済額の関係

毎月の返済額を減らすためには、借りる金額を少なくする対策が効果的ですが、それと同じくらい頭金を増やすことも重要です。
例えば、200万円のクルマを購入するために200万円のローンを組むのと、150万円を頭金として用意して残り50万円をローンにするのとでは、毎月の返済額と利息はまったく違ってきます。
後者は50万円のローンですむので、200万円借りた場合と比べて利息は25%です。
月の返済額も少額ですみますし、200万円ローンと同じ返済額を設定した場合、短期間でローンを完済できます。
ローンの返済期間が短くなることは、利息が減ることを意味します。

頭金を用意する場合は、多くの方は貯金を充てることでしょう。
ただし、全額を充てるのは現実的ではないので、将来のリスクに備えて最低限の貯金は確保しておきましょう。
頭金を確保する方法として理想的なのは、古いクルマを売却して充てることです。
高く売却するほど多くの頭金を用意できるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です